未分類

【バイナリーオプション】国内業者と海外業者の違いとオススメの業者

この記事は5分で読めます

バイナリーオプションを始めたいけど、、、

「取引業者の国内業者と海外業者の違いってなに?」

「国内業者と海外業者はどちらがオススメ?」

このように取引業者について悩んでいる方も少なくないでしょう。

そこで今回は、みなさんのバイナリーオプションの業者選びスムーズに行くように、

”国内業者と海外業者の違いとオススメの業者” について詳しく解説して行きます。

国内業者と海外業者とは

国内業者と海外業者とは

国内業者とは

日本国内に本拠地を置き、日本国内の法律によって運営するバイナリーオプションの取引業者のこと

海外業者とは

日本国外に本拠地を置き、日本国外の法律によって運営するバイナリーオプションの取引業者のこと

要約すると、国内の法律で運営しているか、国外の法律で運営しているか、の違いになっています。

国外に本拠地がある場合でも、日本法人を作って運営している場合は国内業者に分類されます。

国内業者と海外業者の違い

国内業者と海外業者の違い
一見、上記の解説を見ただけですと、運営している国が違うだけに感じますが、その本質は全然違うものになっています。

国内業者と海外業者に大きな違いを作っているのが、

”国内の法律によるバイナリーオプションへの規制” になっています。

国内の法律によるバイナリーオプションへの規制とは

2013年7月3日、金融商品取引業等に関する府令(府令)及び金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針(指針)の改正により、通貨関連店頭バイナリーオプションを含む特定店頭オプション取引について、新たな規定等が設けられました。これに伴い2013年7月18日、一般社団法人金融先物取引業協会では、個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則(BO規則)並びに同規則に係るガイドライン(BOガイドライン)を制定し、本協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関に対し、継続的かつ反復して取引が可能な通貨関連店頭バイナリーオプションを個人のお客様に提供する場合の提供方法等のルールを決定いたしました。なお、2013年7月18日現在、国内において、国内居住者である個人のお客様に通貨関連店頭バイナリーオプション取引を提供する金融商品取引業者又は登録金融機関は全て本協会の会員です。以下に、ルールの概要を紹介します。

引用元:金融先物取引業協会

つまり要約すると、

規制前のバイナリーオプションはギャンブル性が高いため、破産したりしないように取引ルールを規制して作り直し、規制した取引ルールでしか運営できないようにした、

ということですね。

では規制された、バイナリーオプションの取引とはどんなものがあるか、順を追って一緒に見ていきましょう。

短期取引の禁止

これはバイナリーオプションの醍醐味でもある短期取引(30秒や1分などで完結する取引)を廃止し、

最低取引時間を2時間に定めたものです。

この規制のせいで、どう頑張っても1日12回しか取引することができなくなりました。

価格提示を2WAY方式へ

次の規制が価格の提示方法を2WAY方式(買いと売り)に変更して、要はFXに近い取引方法に変更。

ここまで来ると、バイナリーオプションというの名の全く別の為替取引になっています(笑)

総取りの禁止

次の規制内容が、総取りの禁止。

総取りというのは、満期時間のレートがレンジ外と呼ばれる、親(業者)の総取りを廃止にする規制です。

これは一見、良い規制に見えますが、海外バイナリーオプションはそもそも総取りなんて実装していませんので、良くも悪くもない規制です。

ペイアウト倍率が変動する

通常のバイナリーオプションでは、チャートの変動幅は関係なく、予想が当たれば約2倍、外れれば0になる取引が人気ですが、

その醍醐味を撤回、チャートの変動幅によってペイアウト倍率が変動する方式に変更になりました。

以上これらの規制によって、バイナリーオプションやFXに似た、全く別の稼げない為替投資が誕生しました(笑)

【結論】海外業者一択

海外業者一択

ここまで見てくれた方ならお気付きですよね?

国内のバイナリーオプションは勝てません。

勝てないというより、ペイアウト倍率が変動する規制などのせいで、”勝っても負ける” そんな理不尽なことがおきるのが、今現状の国内バイナリーオプションとなっています。

要するに、勝ちたいなら海外業者を選べってことです。

オススメの海外業者

ハイローオーストラリアの基本情報
運営開始 2010年
最低入金額 5000円
最低取引額 1000円
ペイアウト率 1.85倍〜2.30倍
デモトレード 有り
ライセンス認可 マーシャル諸島共和国規制
(元:オーストラリア金融ライセンス、ASIC(AFSL364264))
アプリ対応 iPhoneアプリ:×
Androidアプリ:○
スマホ用サイト:○

規制により国内バイナリーオプションから離れた人の9割が、このハイローオーストラリアへ流れついています。

その理由としては、圧倒的に高いペイアウト率や、日本語によるサポートの充実、そしてなにより業界利用者No.1の実績が理由としてあげられます。

国内業者のメリットとデメリット

国内業者のメリットとデメリット

上記でバイナリーオプション業者は海外業者一択と説明しましたが、国内業者を利用するメリットとデメリットも紹介していきます。

国内業者と海外業者のメリットとデメリットを理解した上で自身でどちらの業者が自分に合っているのか、考えて見ましょう。

国内業者のメリット

  • 信頼性が高い
  • 税金が優遇されている

国内業者のデメリット

  • 少しの値動きでも、約2倍のペイアウト倍率ではなくなった。
  • トレード機会が確保できない

では、ひとつずつ解説していきます。

国内業者のメリット1:信頼性が高い

国内業者は、ほとんどの業者が「金融商品取引業者:財務省関東財務局」に登録して、独自のバイナリーオプションをユーザーに提供しています。第一種金融商品取引業です。

基本的にこの第一種金融商品取引業に登録している業者は信用が高く安心して利用する事ができます。

国内業者のメリット2:税金が優遇されている

国内業者は、海外業者より税金が優遇されています。下記をご覧ください。

国内業者の税率

  • 所得税:15%
  • 住民税:5%
  • 復興特別所得税:0.315%

合計:20.315%

海外業者も税率

  • 所得税:5%~45%
  • 住民税:10%

合計:15%~55%

という違いになっています。

国内業者のデメリット1:少しの値動きでも、約2倍のペイアウト倍率ではなくなった

以前まで国内業者は、0.1pipsのわずかな価格変動でも予想が的中すれば約2倍のペイアウト率でした。

ですが、バイナリーオプション規制によって、ペイアウト倍率が変動する仕組みになったため少しの値動きでは利益が全く発生しなくなったのです。

国内業者のデメリット2:トレード機会が確保できない

国内業者は、バイナリーオプション規定で、「判定時刻は2時間置きに設けなければならない」という規制が導入されました。

その規約が導入されて1日10回しかトレードができなくなり、決まった時間にトレード機会を確保できなくなりました。

海外業者のメリットとデメリット

海外業者のメリットとデメリット

では、次に海外業者のメリットとデメリットを解説していきます。

海外業者のメリット

  • ペイアウト率が高い
  • 取引の回数が確保できる

海外業者のデメリット

  • 信頼性に欠ける
  • 手数料が高い

では、上記のメリットとデメリットをひとつずつ解説していきます。

海外業者のメリット1:ペイアウト率が高い

まず海外業者のメリットと言えばペイアウト率の高さです。

国内業者では、バイナリーオプション規定があるのでペイアウト率は高くありませんが

海外業者では、バイナリーオプション規定はありませんので、ペイアウト率が高くなっています。

海外業者のメリット2:取引の回数が確保できる

海外業者では、取引時間が最短30秒と超短期取引ですので、

取引の回数も確実に確保できます。

本業の合間などでもできるので非常に使い勝手がいいです。

海外業者のデメリット1:信頼性に欠ける

海外業者のデメリットで一番大きい問題は、この信用性に欠ける事です。

海外業者は詐欺や出金されないなどのトラブルが多く、

悪いイメージが多いです。

海外業者のデメリット2:手数料が高い

海外業者は、ペイアウト率が高い代わりに手数料も高いです。

もちろん業者によって手数料もピンキリですが、国内業者と比べると少し高く感じてしまいます。

ですがペイアウト率が高いのでこの手数料の高さは許容できる範囲です。

まとめ

今回は、国内業者と海外業者の違いとオススメの業者についてお話しさせていただきました。

結論は、バイナリーオプションを始めたいならハイローオーストラリア一択です。

少しでも気になった方は、デモトレードだけでもやってみてはいかがですか?

-未分類

© 2021 バイナリーオプション Wiki