未分類

【バイナリーオプション】利益を出せるサインツールを選ぶコツ

この記事は5分で読めます

あなたは、バイナリーオプションの日常的な取引を簡略化し、勝率まで上げてくれる可能性を持った ”サインツール” をご存知ですか?

一見、上記の説明だけを見ると夢のようなツールにも聞こえますが、その実態は良いものがあれば悪いものもあり、最悪の場合サインツールの配布を使った詐欺行為もあります。

ですがサインツールは、日常的にバイナリーオプションで取引を続けるトレーダーには必須ともいえるツールであり、なんとか優良なサインツールを見つけたいですよね、

そこで今回は、利益を出せる優良なサインツールを見極めるコツを紹介していきます。

利益を出せるサインツールを見極める4つのコツ

利益を出せるサインツールを見極めるコツ

利益を出すことの出来るサインツールを見抜くには、以下の4つのコツがあります。

  • バックテストの結果は公開してるか
  • 提示されている勝率を確認する
  • 取引方法は何を起用しているか
  • 取引回数は何回か

では、順を追ってみていきましょう。

バックテストの結果は公開してるか

まず、初めにバックテスト結果を公開しているかどうかですが、

これは絶対に確認するようにしてください。

バックテストとは

サインツールに含まれる取引手法が過去の相場で通用しているかどうかを、勝率によって割り出し、上記画像のように表示してくれるツールのこと

要約すると、そのツールの ”実力” を示す数値のことです。

「絶対に勝てる」などという謳い文句を提示しているサインツールなら、バックテストの結果を提示するのが筋なんですが、現実は絶対に勝てる、などと謳い文句を出しているツールはほとんどバックテスト結果を提示していません。

つまりは、詐欺の可能性が高いです。

そもそも、バックテスト結果を公開していないツールは信用できないので絶対に購入はしないでください。

提示されている勝率を確認する

次は、勝率が何%かです。

突然ですがあなたは、勝率が60%のサインツールと勝率が80%のサインツールがあったら、どちらを購入しますか?

もちろん、80%の方を購入しますよね、私も、何も知らなかったら80%の方を迷わず購入します。

ですが、それが「罠」なんです。

勝率80%のサインツールなんてほぼ存在しません。

なぜ、そんなことが言えるかというと、バイナリーオプションにおいて安定的に80%を叩き出す人は、おそらく存在しません。

それを、ツールで安定的に実現するのは不可能に近いです。

この理由から、80%などという不可能に近い勝率を提示しているツールより、60%などの現実的な勝率を提示しているツールの方が信用できると言えます。

取引方法は何を起用しているか

次に3つ目ですが、取引方法は何を使用しているかですが、

上記の記事では、サインツールで80%の勝率をだすことは不可能に近いと言いましたが、

実は三年検証して勝率80%のサインツールは存在しています。

上記の項目と言っていることが矛盾していますよね?

実はこれには取引方法に、種が存在していています。

そのようなサインツールはバックテストを行うときに取引方法にマーチンゲールを使用しています。

マーチンゲールとは

取引に負けたら、次の取引の掛け金を負けた金額の倍に設定する、これを勝つまで続ける手法のこと

これを繰り返せば、勝率80%を出すことなんて当たり前なんです、何連敗していても、その度に掛け金を増やし、一勝すればそれは勝率100%になります。

これらの理由により、マーチンゲールを取引方法に用いているサインツールは信用できませんので、マーチンゲールの使用を確認できたら購入は控えてください。

取引回数は何回か

最後に、取引回数についてですが、バックテスト結果を公開しており、検証期間も5年以上さらに、マーチンゲールは使用していない。

これで、勝率80%のサインツールも存在しています。

そこで次に、取引回数に注目して欲しいのですが、三日から四日に一回だけの取引回数は少なすぎます。

信用できる取引回数は、最低でも1日につき平均2、3回の取引をしているサインツールになります。

これらのことを踏まえてサインツールを探せば、詐欺や粗悪品をつかませられることはほぼなくなるでしょう。

リペイントの有無

リペイントとは?

チャート上で負けた場合にサイン(矢印など)を消したり、後から勝っている所にサインを出して勝率を高く見せる事です。

勝率が表記されていてもこのリペイントをされていては、全くの意味はありません。

気になるツールがあったらリペイントの有無も事前に確認して選ぶようにしましょう。

「リペイントのなし」と書いてあるツールを選びましょう。

アラートの有無

アラートの有無

アラートとは音で何かを知らせてくれる機能のことです。

サインツールを使う上でこのアラートの有無は非常に重要です。

アラートがなるとサインがでたとすぐわかります。

ですがアラート機能がないと、ずっと画面に張り付いていなければいけません。

有料ツールと無料ツールの違い

バイナリーオプションのツールには、有料のものから無料のものまで様々な種類があります。

では、無料と有料では何が違うのか?と言った疑問が生まれると思いますので、それぞれの特徴を開設していきます。

有料ツール

有料のツールは数千円のもから高いもので数十万円のものが存在します。

有料ツールの特徴は、

  • サインツール
  • 自動売買ツール
  • この2つが存在します。

    無料のツール

    そして無料のツールの特徴は、

  • インジケーター
  • 証券会社が提供するテクニカルツール
  • 大きく分けてこの2つです。

    無料ツールと有料ツールの違い

    エントリーポイントをツールが支持するのかの違いです。

    サインツールや自動売買ツールはエントリーポイントを教えてくれるので、自身でエントリーポイントを探す必要はありません。

    それに対して無料ツールは自身でエントリーポイントを探す手助けをしてくれる役割を持っています。

    ですので、無料ツールはあくまでの補助のツールの認識で大丈夫です。

    バイナリーオプションのおすすめ無料ツール

    では次に補助の役割であるオススメの無料ツールを紹介していきます。

    MT4

    MT4(メタトレーダー4/MetaTrader4)はロシアのMetaQuotes社が開発したFXのトレーディングソフトで、テクニカル分析に使用するチャートや多数のインジケーターを使用でき、世界中の投資家やトレーダーに利用されています。

    MT4には多数の「インジケーター」と呼ばれる分析ツールが標準搭載されており自身のチャートに複数のチャートを組みわせて表示させたり、

    自分オリジナルのインジケーターを表示させることができますので、チャート分析を行う上で必須となる無料ツールです。

    FXプライムbyGMOの「ぱっと見テクニカル」

    残りの国内の証券会社であるFXプライムbyGMOが提供している「ぱっと見テクニカル」というツールです。

    このツールの特徴は過去の最大12年間分のデータの中から現在のチャートと似ているチャートを探し出し、約12年間分のデータを参考にして今後の値動きを予測してくれます。

    このツールは特に初心者の方にとても向いているので、ぜひ活用して見ましょう。

    まとめ

    今回は、利益を出せるサインツールを見極めるコツの紹介をさせていただきました。

    • バックテストの結果は公開してるか
    • 提示されている勝率を確認する
    • 取引方法は何を起用しているか
    • 取引回数は何回か
    • リペイントの有無
    • アラートの有無

    今回紹介致しました、上記のコツを使えば、きっと優良なサインツールと出会えますよ。

    -未分類

    © 2021 バイナリーオプション Wiki