未分類

【安全に利用可能】ハイローオーストラリアと金融庁の関係性

バイナリーオプション業者が安心して利用出来るか判断する材料の1つ、それは「金融庁」との関係性だと言えます。

ハイローオーストラリアは安心して利用できると判断していると思いますが、より一層安心して取引を行う為に、金融庁との関係性を理解していきましょう。

ハイローオーストラリアで口座開設がお済みでない方は、下記のボタンから口座開設を行いましょう。

ハイローオーストラリア 公式サイト

金融庁とは?

金融庁とは?

金融庁という言葉は聞いた事があるけど、実際どの様な事を仕事をしているのか理解していない人が居ると思うで、まず理解していきましょう。

金融庁(きんゆうちょう、英語: Financial Services Agency、略称: FSA)は、日本の行政機関のひとつ。金融機能の安定を確保し、預金者、保険契約者、金融商品の投資者等の保護を図るとともに、金融の円滑を図ることを目的として設置された内閣府の外局である。
Wikipediaより引用

金融庁とは、日本の金融関係に大きく関わっており、バイナリーオプションでも同じ事が言えます。

ハイローオーストラリアは金融庁に登録されていない

ハイローオーストラリアは金融庁に登録されていない

ハイローオーストラリアは、金融庁に登録されていません。

ですが1つ覚えておいて欲しい事は、海外バイナリーオプション業者は、基本的に金融庁に登録していません。

ハイローオーストラリアは金融庁に登録していない理由として、1番有名なものを紹介します。

会社名の変更

ハイローオーストラリアは、2010年の設立後3回にわたり会社名・所有地を変更しています。・

その事が理由で、金融庁から注意を受けているそうです。

2010年の会社名・所在地

  • 会社名:HighLow Markets Pty. Ltd.
  • 住所:Level 14, Macquarie House 167 Macquarie Street Sydney,NSW 2000, Australia

2019年の会社名・所在地

  • 会社名:HLMI Ltd
  • 住所:Trust Company Complex, Ajeltake Road,Ajeltake Island, Majuro, Republic of the Marshall Islands MH 96960

2020年の会社名・所在地

  • 会社名:HLMI LLC
  • 住所:住所 First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building, James St, Kingstown, St. Vincent and the Grenadines

現在日本居住者向けにサービスを提供している「HLMI LLC」は、まだ警告を受けていません。

金融庁の規制

金融庁の規制

ハイローオーストラリアが金融庁に登録されていない理由を先ほど解説しましたが、他にも理由があるので、他の点も軽く理解していきましょう。

ハイローオーストラリアが金融庁に登録されていないのは、金融庁の規制になります。

  • 適切性と健全性の確保
  • 利用者の知識確認
  • 過度な広告の禁止
  • 設定根拠の十分な説明が必要

金融庁の規制は、2013年12月1日から適用が開始されました。

公的機関から発表される内容はわかりづらいので、噛み砕いて解説をします。

適切性と健全性の確保

バイナリーオプションにより、借金を増やし法的な救済手段を利用する人が増えました。

健全性が高い取引とは言えない状況です。

破産者を増やさないためにも、以下の点に気を付けてサービスの提供をしなければいけません。

  • 短い時間で結果がわかることにより、投機的な取引を過度に助長してはいけない
  • 利用者が取引のリスクを把握して判断ができるよう、エントリーを開始する前に金額の決定と提示をする
  • 運営側だけが有利となる取引条件を排除する
  • 公正な方法で払戻し金額を算出する

バイナリーオプションを安全な金融商品にするためには、ギャンブル性を抑止する必要があります。

金融庁が示す、適切性と健全性の確保が遵守されていなければ認可はされません。

利用者の知識確認

バイナリーオプションを始める人に、為替に関する投資の知識がどれだけあるかを確認しなければならず。知識が乏しい場合は、口座開設を拒む必要があります。

また、知識量に応じて取引限度額を設定するなどの対策が必要です。

先ほどと同様に、初心者がバイナリーオプションをギャンブルにしないための内容と言え、認可を受けるためには、ある程度の知識を得ていない人の口座開設を断る必要もあるのです。

過度な広告の禁止

ハイローオーストラリア利用者が、バイナリーオプションに過度な期待を持つような広告や宣伝をしてはいけません。

リスクの把握を正確にすることができ、投資の判断が適正にできるよう、業者は十分な説明と情報提供を行う必要があります。

  • バイナリーオプションは必ず稼げる
  • バイナリーオプションで億万長者になった
  • バイナリーオプションは100%勝てる

上記の様な、誤った宣伝を業者自身がするのは論外です。

「国内業者が過度な宣伝をしているのを見たことがある」という人もいるかもしれませんが、おそらく業者の公式サイトではありません。

過度な広告をするのは、アフィリエイターなどの仕業です。

設定根拠の十分な説明が必要

ハイローオーストラリア利用者が投資判断を合理的にできるだけの設定根拠を、業者側は事前に説明しておかなければいけません。

取引価格やエントリー時の価格、判定価格の説明が必要です。

取引停止の発生がある業者は、その旨や理由を公表しておく必要があります。

運営側が守るべきルール

運営側が守るべきルール

今までの内容から、バイナリーオプション業者が金融庁から認可を受けるためには、主に次のルールを満たす必要があります。

  • 権利行使価格(売買できる価格のこと)は、判定時刻の2時間前に固定する
  • 1営業日の取引上限回数は12回まで
  • 総取りのレート幅を設けるのは禁止
  • 売りと買いの価格を両方提示する「2WAY」を採用すること

ハイローオーストラリアは上記の内容を遵守していません。

つまり、金融庁の認可を受けるための条件を満たしていないのです。

ハイローオーストラリアの魅力を維持するため、認可を受けず運営を行っています。

まとめ

今回の記事では、ハイローオーストラリアと金融庁との関係性などに解説してきました。

当記事で覚えておいて欲しい事は、以下の様になっています。

  • ハイローオーストラリアは、金融庁に登録していない
  • 海外バイナリーオプションは基本金融庁に登録していない
  • ハイローオーストラリアは、金融庁に登録していないが、安全に取引できる

ハイローオーストラリアで、取引を始めたい方は、下記のボタンから公式サイトへアクセスしましょう。

ハイローオーストラリア 公式サイト

-未分類

© 2021 バイナリーオプション Wiki