未分類

【初心者必見】バイナリーオプションは両建てで攻略出来ます

バイナリーオプションで安定して利益を得るために、「両建て」と言う手法が多く使用されています。

バイナリーオプションで安定した利益が欲しいと言う方は、しっかり理解しておきましょう。

ハイローオーストラリアで口座開設がお済みでない方は、下記のボタンから口座開設を行いましょう。

ハイローオーストラリア 公式サイト

バイナリーオプションの「両建て」とは?

バイナリーオプションの手法「両建て」とは、「High(上がる)」と「Low(下がる)」のポジションを同時に所持する手法です。

バイナリーオプションは基本的に「短期取引」であり、FXトレードのような「両建て」を活用する局面は少ないように感じます。

その中で今回は、バイナリーオプションによる両建てのやり方などについて解説します。

バイナリーオプションで「両建て」を使用する方法

バイナリーオプションで両建てを使用する際は、基本的に値動きが激しい相場を狙いましょう。

バイナリーオプションでの両建ては、以下の様な場面が来た時に利用する様にしましょう。

  • 急激な相場変動時に大きなペイアウトを狙う
  • レンジ相場で大きなペイアウトを狙う
  • 中長期トレンドと短期トレンドを分けて行う
  • 間違えてエントリーをしてしまった場合

この4つの場面の詳細を詳しく理解していきましょう。

急激な相場変動時に大きなペイアウトを狙う

国内バイナリーオプション業者の場合、現在の為替レートと離れている判定レートは、安く購入できる(ペイアウト額は1,000円固定)という特徴があります。

その特徴を生かし、両建てを利用すると以下の様な流れになります。

FXTFバイナリー・トレード(バイトレ)/ゴールデンウェイ・ジャパンのペイアウト額:10,000円:現在レート:111.334と仮定しましょう。

一番離れている「HIGH」

  • 購入額:360円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:27.78倍)
  • 判定レート:111.568

一番離れている「LOW」

  • 購入額:480円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:20.83倍)
  • 判定レート:111.148

上記の様な相場状況になっていたとします。

一番離れている「HIGH」と、一番離れている「LOW」を、相場が急変動するだろうタイミングで購入すれば、どちらかが当たるだけでも、20倍を超えるペイアウト倍率になるため、大勝できるという「両建て」手法になります。

これは国内バイナリーオプション業者でしか利用できませんが海外バイナリーオプションでも応用として以下の様な事が起こった時は、両建てを使用する事ができます。

  • 経済指標発表時
  • 重大な経済ニュース(ブレグジット(Brexit)、米国大統領選挙)

上記の様に、確実に大きな為替変動が見込めるタイミングで、一番離れている「High(上がる)」と「Low(下がる)」両方のポジションを持てば、どちらかが当たる可能性が出てくるのです。

ペイアウト倍率が20倍を超えるので、10回に1回でも、予想が当たれば元を取れる計算となります。

バイナリーオプションによる「両建て」で一番稼ぎやすいのがこの様な流れになるのです。

レンジ相場で大きなペイアウトを狙う

国内バイナリーオプション業者の場合、一回のトレードで、「High(上がる)」の予想と「Low(下がる)」の予想が両方当たるという可能性もあります。

FXTFバイナリー・トレード(バイトレ)/ゴールデンウェイ・ジャパンのペイアウト額:10,000円:現在レート:111.334と仮定しましょう。

一番離れている「HIGH」

  • 購入額:7,420円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:1.34倍)
  • 判定レート:111.288

一番離れている「LOW」

  • 購入額:6,130円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:1.63倍)
  • 判定レート:111.358

この様な状況の場合、現在レート:111.334をキープして、判定レート:111.288~111.358の間に収まれば、両方の予想が当たることになります。

両方予想が当てることができたら、以下の様な結果になります。

  • 購入額:13,550円
  • ペイアウト額:20,000円(ペイアウト倍率:1.47倍)

上記の様に、1回のトレードで2勝分の利益が得られるのです。

また、両方が外れるということはなく

判定レート:111.288以下になった場合

  • 購入額:13,550円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:1.63倍)
  • 損失:-3,550円

判定レート:111.358以上になった場合

  • 購入額:13,550円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:1.63倍)
  • 損失:-3,550円

上記の様に損失額を抑えられると言うメリットがあります。

レンジ相場で、両建てで現在レートで予想が当たる一番近い「High(上がる)」と「Low(下がる)」を予想すれば、レートが動かない場合に、1回のトレードで2勝することができるのです。

また、予想が外れても、どちらかの予想は当たるため、損失を軽減できるメリットがあります。

中長期トレンドと短期トレンドを分けて行う

海外バイナリーオプション業者は「短期取引(30秒、1分)」でトレードする方が多いと思います。

しかしながら、実際問題ではテクニカル分析によって、勝率を安定的に高めるためには30秒、1分、2分、3分、5分・・・という「短期取引」では、検証時間が短すぎて予想の勝率が安定しないのです。

テクニカル分析を生かしたバイナリーオプションの攻略法を最大限生かすためには最低でも、1時間後の予想をした方が良いということになります。

「短期で資金が倍になる可能性があるのが、海外バイナリーオプションの醍醐味じゃないの?」という方もいるので、「両建て」を使って併用することをおすすめします。

  • 1時間~6時間後の判定レートを目安に行う「中期トレード」
  • 5分~15分後の判定レートを目安に行う「短期トレード」

当然、別の時間足のチャートを参照することになり、別のシナリオを組み立てる事ができます。

  • 「中期トレード」:「High(上がる)」エントリー
  • 「短期トレード」:「Low(下がる)」エントリー

上記の様な「両建て」の状態になることもあるのです。

これは、30秒、1分、2分、3分、5分という短いバイナリーオプショントレードばかりやっている方におすすめです。

中期のトレードの方が勝率が高いということを体感するためにも、時間軸をずらして、「短期トレード」「中期トレード」を併用することをおすすめします。

間違えてエントリーをしてしまった場合

バイナリーオプションで取引を行う上、以下の様な状況になった体験はありませんか?

  • 間違えてエントリーしてしまった
  • エントリーした後に大きく相場が動いた

上記の様な場合、「損切」する方法としては「転売」がありますが、場合によっては「転売」よりも、「反対ポジション」でエントリーした方がコスト安になるケースがあります。

例えば、ハイローオーストラリア/HighLowの場合で見ていきましょう。

ポジションをすぐに転売した場合に「転売時」のペイアウト倍率は、0.8492倍となっています。

エントリーしているトレードの種類によっても異なりますが、一番一般的な「HIGH/LOW」を利用していた場合ペイアウト倍率:1.90倍です。

  • 「転売」→0.8492倍
  • 「両建」→0.9000倍(1.9倍のペイアウトだが、1.0倍の購入資金を使うため)

上記の通りになります。

「転売」よりも、反対ポジションで「両建て」エントリーをした方が、損失は軽微になるのです。

損失を軽減するという形でも、「両建て」が機能するケースがあります。

バイナリーオプションで「両建て」を使用する際の注意点

一つの問題点は、「転売」スプレッドが狭くて、「ペイアウト倍率」が高い海外バイナリーオプション業者の場合は、素直に「転売」で損切りした方が損失が抑えられるケースがあります。

また、反対ポジションを持つまでに大きくチャートが動いてしまったら、「反対ポジションも含めて、両方負けてしまう」というケースも起こりうるのです。

この場合、損失が拡大するだけになってしまうため、エントリーからある程度時間が過ぎて、為替レートが動いてしまったら、なかなか活用しにくい損切手法となってしまいます。

まとめ

今回の記事では、バイナリーオプションを両建てで攻略する方法を解説してきました。

当記事で覚えておいて欲しい事は、以下の様になっています。

  • バイナリーオプションは両建てで攻略できます
  • 両建ては相場が荒れた時におすすめです

ハイローオーストラリアで、取引を始めたい方は、下記のボタンから公式サイトへアクセスしましょう。

ハイローオーストラリア 公式サイト

-未分類

© 2021 バイナリーオプション Wiki