• ホーム
  • 目の感染症にも有効なジスロマックは、認知症の人にも

目の感染症にも有効なジスロマックは、認知症の人にも

性行為によってかかってしまう恐れのある性病には、さまざまなものがあります。
その中でもクラミジア感染症は、日本で一番多い性感染症です。
このクラミジア感染症は、かかっても自覚症状がほとんど出ないため、気づかずにいる例も少なくありません。
感じることができる症状としては、男性の場合は尿道に違和感や痒みがあったり、排尿時に痛みを感じることがあります。
また女性の場合は、不正出血やおりものが増えたりなどの可能性があります。
女性の場合は、オーラルセックスにより喉のクラミジア感染症にかかることも多く、それ以外にも体液がつくことによって、目がクラミジア結膜炎になってしまうこともあります。

性器、喉、目のいずれの場合も、病院ではジスロマックが処方されることがほとんどです。
このジスロマックは、さまざまな最近に対してポジティブに働くため、さまざまな性感染症をはじめ風邪や歯周病などにも処方されることが多いです。
そして副作用が少ないことでも有名で、子どもや妊娠した女性にも適しているため、安心して服用することができます。
ただし薬であることには間違いないので、100%副作用が出ないということではありません。

例えば、ジスロマックはこれだけ汎用的に最近に作用するため、腸内の善良な菌も同時に殺してしまいます。
すると腸内のバランスが崩れ、下痢や腹痛を引き起こしてしまうこともあります。
ひどくなければそのままでも大丈夫ですが、あまりひどい場合は病院でジスロマックに耐性のある整腸剤を処方してもらいます。
その他にも副作用がひどい場合は、病院で相談をして対処しましょう。

またこのジスロマックは、認知症の人にも最適な薬です。
一回1錠を服用すれば7日間にわたり成分が有効的に働くため、飲み忘れなどの心配がないためです。

関連記事