• ホーム
  • 病院検査でクラミジア発覚、彼氏とジスロマックで治療

病院検査でクラミジア発覚、彼氏とジスロマックで治療

性病の中で発症率が高いものとして、クラミジアを挙げることができます。
クラミジアは自分自身が治ったとしても、性行為のパートナーが感染したままの状態であれば、再び性行為をしたときに感染してしまいますので、彼氏と一緒に治療することが大切です。
以前まではクラミジアの治療には長い時間が必要でしたが、現在ではジスロマックという医薬品を使用することで、早めに治療することが可能となっています。

ジスロマックは1回の服用を行うことで、効果が7日間継続しますので服用することを忘れてしまう危険性もありません。
1回の服用をして、効果が持続している間に90%のクラミジアは治療できます。
ジスロマックは1回あたりにつき、1000mgの服用を行いますが、胃腸が弱い人の場合には1回の服用で1000mg摂取してしまうと腹痛や下痢の原因となります。
そのために副作用が心配な人の場合には、500mgを1日1回ずつに分けて3日間にわたって服用する方法もあります。
下痢の症状を発症させないために、食後2時間以上経過してから服用することと、服用後の2時間は何も食べないことがおすすめです。

クラミジアの主な特徴としては、女性の場合にはおりものが増えることや不正出血が起こることがあります。
感染したまま放置してしまうと、卵管炎を発症して不妊症や子宮外妊娠の原因になるので注意が必要です。
クラミジアに感染したのではないかと不安を感じたときには、医療機関を受診して検査を受けることが大切です。
クラミジアの場合には、血液や尿、おりものの検査を行います。
性病の検査の仕方としては、病院に行って受ける方法や、保健所、検査キットを使用する方法があります。
病院に行くときには、泌尿器科、婦人科、皮膚科などで検査を受けることが可能です。

関連記事